司馬遼太郎記念館

Topics

開館カレンダー

休館日

開館時間:10:00~17:00
(入館受付は16:30まで)

休館日:毎週月曜(祝日の場合は開館し翌日休館)、9/1~9/10、12/28~1/4

TEL:06-6726-3860

FAX:06-6726-3856

入館料:大人500円、高・中学生300円、小学生200円(20名以上の団体は入館料が2割引)

 


 7月から特別展示 『竜馬がゆく』と『坂の上の雲』の自筆原稿発見

 存在しないと思われていた『竜馬がゆく』と『坂の上の雲』の自筆原稿が見つかりました。とくに『竜馬がゆく』は、全自筆原稿が約50年前の新聞製作事情のなかで消失したものと思っていました。また、同時に『坂の上の雲』の原稿の欠落部分と新聞連載用の自筆題字が初めて見つかりました。

 今回発見された『竜馬がゆく』の原稿は、「朱欒(ざぼん)の月」の章の第八回、第十回、第十六回、第十七回と、最終章「近江路」の第二十二回(最終回)で、合計23枚。
 「近江路」の第二十二回は、竜馬が近江屋で暗殺されるところから「……その使命がおわったとき惜しげもなく天へ召しかえした」というくだりを含む、物語のラストシーンです。
 『坂の上の雲』は、「まことに小さな国が……」という印象的な冒頭を含む「春や昔」の章の第一回、第二回、第三回と、「日清戦争」の章の第十回、第十三回、第二十八回で、合計24枚。

 いずれも、作品を最も象徴するフレーズを含んだ稿が見つかりました。

 これらの原稿の一部を、7月1日から8月末まで期間限定で特別に展示します。


 特別展示「『竜馬がゆく』『坂の上の雲』幻の自筆原稿」
【展示期間】2017年7月1日(土)~8月31日(木)
【展示】自筆原稿『竜馬がゆく』「近江路」第22回(最終回)

            自筆原稿『坂の上の雲』「春や昔」第1回

                             「日清戦争」第13回
    自筆題字『坂の上の雲』
【展示場所】地下1階展示室

 企画展「司馬遼太郎の軌跡3『街道をゆく』」同時開催中(~7/30)