司馬遼太郎記念館

イベント

開館カレンダー

休館日

開館時間:10:00~17:00
(入館受付は16:30まで)

休館日:毎週月曜(祝日の場合は開館し翌日休館)、9/1~9/10、12/28~1/4

TEL:06-6726-3860

FAX:06-6726-3856

入館料:大人500円、高・中学生300円、小学生200円(20名以上の団体は入館料が2割引)

これからのイベント

記念館では1年を通して様々なイベントを行っています。
記念館友の会の会員の方はイベントに会員価格でご参加いただけます。
>これまでのイベント

菜の花忌シンポジウム

第25回菜の花忌シンポジウムについてのお知らせ

「第25回菜の花忌シンポジウム」は2021年2月13日、NHK大阪ホールで開く予定でしたが、緊急事態宣言が出され、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、大阪会場での開催を中止し、シンポジウムの内容はそのまま2022年2月に東京会場で開くことにしました。ご了承ください。
来年の菜の花忌シンポジウムへの応募の詳細は、今秋に発表いたします。ご面倒ですが、改めてご応募ください。




第25回菜の花忌シンポジウムのプログラム
第1部 司馬遼太郎賞、司馬遼太郎フェローシップ贈賞式
第2部 シンポジウム「『胡蝶の夢』――新型コロナ禍を考える」
[パネリスト]
 磯田道史氏(国際日本文化研究センター准教授)
 澤 芳樹氏(大阪大学大学院心臓血管外科教授、日本再生医療学会理事長)
 澤田瞳子氏(作家)
 村上もとか氏(漫画家)
[司会]古屋和雄氏(文化外国語専門学校校長、元NHKアナウンサー)
【お問合せ】公益財団法人 司馬遼太郎記念財団 菜の花忌係
〒577-0803 大阪府東大阪市下小阪3丁目11番18号
電話 06-6726-3857

トーク

菜の花忌 菜の花プレゼント

※この日予定していた「館長トーク」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、また緊急事態宣言が出されたことにともない、中止しました。ご了承ください。

司馬遼太郎の命日である「菜の花忌」にご来館された方へ、お帰りの際に菜の花をプレゼントします。

菜の花忌の前後には、地域の方々や記念館ボランティアの皆さんが、菜の花で館内や街角を明るく彩ってくださいます。一足早い春の訪れを感じながら、記念館にお越しください。


【日時】 2021年2月12日(金)10:00~17:00

【場所】 司馬遼太郎記念館 

【入館料】 一般500円 高中学生300円 小学生200円

【お問合せ】 司馬遼太郎記念館 事務局まで
〒577-0803 司馬遼太郎記念館 大阪府東大阪市下小阪3-11-18
電話 06-6726-3860 FAX 06-6726-3856

【お願い】ご入館の際はマスクの着用と手指の消毒をお願いします。

寄席

司馬遼太郎記念館で落語を聞く恒例の「菜の花寄席」。今年は3月7日(日)に開きます。
今回のテーマは「初体験! 私にとって、初めての○○」。出演は三代目桂春蝶さん、講談師・旭堂南龍さん、浪曲師・真山隼人さんのお三方です。
菜の花寄席は今回で12回目。司馬遼太郎が春蝶さんのお父さん、つまり二代目春蝶さんが亡くなられたとき、頼まれて色紙にお名前を書いたご縁から、開いたのが始まりです。
菜の花に囲まれた記念館で、ホッとする時間をどうぞお過ごしください。

【出演者・演目】
落語 桂春蝶「明烏」~初めての遊郭!まさに青春(アオハル)だ!~
講談 旭堂南龍「円山応挙」~初めて足が無い幽霊を描いた絵師!~
浪曲 「名刀稲荷丸」~初めての仕事が帝への刀献上!~
曲師 沢村さくら

【日 時】2021年3月7日(日)14時から

【場 所】記念館ホール

【参加費】一般=2500円、友の会会員=2250円(いずれも入館料を含みます)

【定 員】80名(コロナ感染症拡大防止のため、座席を減らしています)

【申込】必要

【申し込み方法】
電話またはFAX(住所、氏名、電話番号、友の会会員の方は会員番号を明記)で事務局まで

【お申し込み・お問い合わせ】
〒577-0803 大阪府東大阪市下小阪3丁目11-18
TEL:06-6726-3860  FAX:06-6726-3856

【お願い】会場は密を避け、消毒、換気などコロナ対策を取ります。お客様もマスク着用、手指消毒などご協力をお願いします。

講演会

2021年前期連続講演会

各分野の方々が、司馬遼太郎のことからさまざまな話題を展開、縦横に語ります。
まるで対話しているような、小さなホールならではのぜいたくな講演会にぜひご参加ください。

【前期の講演会日程】
4月10日(土) 通崎睦美氏(音楽家、文筆家)
       演題:「着こなすアート ― アンティーク着物の世界」
5月15日(土) 小泉堯史氏(映画監督)
       演題:「映画『峠 ― 最後のサムライ』を撮って」
6月5日(土)  玉岡かおる氏(作家)
       演題:「司馬遼太郎文学と私 ― 戦国・播磨・北前船」

いずれも午後2時から

【場 所】記念館ホール

【参加費】一般=7500円、友の会会員=6750円
(いずれも入館料を含みます。単独の聴講券はありません)

【定 員】80名(コロナ感染症拡大防止のため、座席を減らしています)

【申込】必要

【申し込み方法】
電話またはFAX(住所、氏名、電話番号、友の会会員の方は会員番号を明記)で事務局まで

【お申し込み・お問い合わせ】
〒577-0803 大阪府東大阪市下小阪3丁目11-18
TEL:06-6726-3860  FAX:06-6726-3856

【お願い】会場は密を避け、消毒、換気などコロナ対策を取ります。お客様もマスク着用、手指消毒などご協力をお願いします。