司馬遼太郎記念館

記念館について

庭の風景

開館カレンダー

休館日

開館時間:10:00~17:00
(入館受付は16:30まで)

休館日:毎週月曜(祝日の場合は開館し翌日休館)、9/1~9/10、12/28~1/4

TEL:06-6726-3860

FAX:06-6726-3856

入館料:大人500円、高・中学生300円、小学生200円(20名以上の団体は入館料が2割引)

庭の風景

 司馬遼太郎が好きだった雑木林のイメージでつくられて います。クス、シイ、クヌギ、ヤマモモ、エゴノキなどの樹木、バラ、ツバキ、モクレン、アシビなどの花木、ツユクサ、 タンポポ、ナノハナ、ツワブキなどの草花が四季の風景を演出します。
 自然のたたずまいを好んだため、雑草もあまり抜かず、 落ち葉もそのままにしていました。開館当初からは広くなっています。

今、見られる花々

mizuhiki ミズヒキソウ

 茎の先に紅い小花を穂状につけます。この花穂が進物用の紙糸「水引」に似ていることからこの名前がついたのだそうです。

hototogisuホトトギス

 正門からの小径に咲き始めました。
 名前の由来は、紫色の斑紋が鳥のホトトギスの、胸の模様に似ていることからだそう。個性的な姿をしています。

tuwabukiツワブキ

 庭を歩くと、黄色い花が目に入ります。緑や紅葉した木々の合間に咲いているこの花は、庭のアクセントになっています。