司馬遼太郎記念館

対話ノート

開館カレンダー

休館日

開館時間:10:00~17:00
(入館受付は16:30まで)

休館日:毎週月曜(祝日の場合は開館し翌日休館)、9/1~9/10、12/28~1/4

TEL:06-6726-3860

FAX:06-6726-3856

入館料:大人500円、高・中学生300円、小学生200円(20名以上の団体は入館料が2割引)

大書架に置かれているノートに書かれたメッセージの一部をご紹介します
(このページは毎月初めに更新、前月のメッセージを掲載しています)

2017年11月

 はじめは、安藤忠雄さんの建築を見に来ただけでした。しかし、司馬遼太郎さんの抱いている世界観、時間軸の広さ、長さに圧倒されました。21世紀、これからどうなっているか予想もつきませんが、自分なりに、後世に誇れる何かをつくって行きたいと思います。
 ずっと訪れてみたい記念館に姉夫婦と来て、実際にここの空気を感じてうれしく思います。日本人を追求することで、自分達の過去の人達の心意気を私たりも知ることができ、司馬さんの偉大さをひしひしと体感します。
 初めて記念館を訪れましたが、本の多さに圧倒されました。1冊の本を書くまでに多くの資料を調べたり、読んだりと大変な作業がある事を記念館にきてわかりました。
 素晴らしい本をうみだして下さった司馬先生。
 先生の本を読み世界観が広がった事、感謝しております。
 長く訪れたいと考えていましたが、ようやく念願がかないました。
 数多くの蔵書の中に、私個人少女のころに夢中になったジェイン・オースティンの作品を見つけ、なんとなく嬉しくなりました。
 ”先生はどのように彼女の本を読まれたのだろう?”など思いをはせることも楽しいです。
 司馬先生の本に触れたのは中学生の時でした。
 物語の中にひきこまれ、それから貪る様に読みふけりました。
 素晴らしい作品は、あふれんばかりの本の海で、生み出されたんだなと、ただただ言葉になりません。ここにこれて良かったです。
 中学2年の頃、「情熱大陸」で安藤忠雄さんが取りあげられていた際、この司馬遼太郎記念館が紹介されていて、一瞬で心を奪われた記憶があります。それから7年、今日ついに来ることができました。悲願が叶いとても嬉しいです。東京からやって来た甲斐がありました。
 今から36年程前、高校2年生の夏休みに『竜馬がゆく』を読み切って以来、ずっと司馬遼太郎先生のファンでした。本日、この記念館に来ることができて、とても嬉しく思います。良い思い出になりました。
 小学校の時、『最期の将軍』を読んで私は歴女になりました。
 今でも司馬遼太郎作品を読んで、ゆかりの地を全て巡りたいと思っています。
 蔵書の量は素晴らしく感動しました。
 友人と来ました。恥ずかしながら知らずに…。ここからのながめは素敵ですネ!勉強になりました。帰ったら、本を買って読みます。
 ひさしぶりの日本への旅のストップは、司馬遼太郎記念館でなければならない。来る電車の中でも「軍使二人」を読んでいた。感動した。安藤さんの建築にも感心した。 (中国の方)