司馬遼太郎記念館

財団について

菜の花運動・ダイアリー

開館カレンダー

休館日

開館時間:10:00~17:00
(入館受付は16:30まで)

休館日:毎週月曜(祝日の場合は開館し翌日休館)、9/1~9/10、12/28~1/4

TEL:06-6726-3860

FAX:06-6726-3856

入館料:大人500円、高・中学生300円、小学生200円(20名以上の団体は入館料が2割引)

「街に菜の花を咲かせよう 2.12菜の花忌」運動

 司馬遼太郎の命日である菜の花忌(2月12日)が近づくと、多くの人たちが参加して記念館の敷地内や周辺の街角、通りが菜の花で彩られます。

 東京と大阪で毎年、交互に開かれる菜の花忌シンポジウムや講演会の会場を飾る菜の花がきっかけでした。記念館が開館した2001年からは記念館の中にも菜の花を飾りました。できれば周辺にも咲かせることができたら、という記念館の提唱に自治会や学校、ボランティアの皆さんが応え2004年夏、「春一番に菜の花忌の会」が発足しました。

 毎年、秋口から、会の皆さんが町内会などに呼びかけ、家庭や学校で種をまいて準備を始めます。1月末から4月にかけて咲く“都会の菜の花”が、来館者の皆さんや東大阪市の人々に、一足早い春の香りを届けます。

菜の花ダイアリー

2017年10月27日

高校で種をまきました

記念館のご近所、布施高校の西門で、「菜の花委員」の生徒さんたちと記念館の園芸活動ボランティアが集まり、種をまきました。校内での種まきは正門に続いて2回目。生徒さんたちは、手分けして小さな種を一粒ずつ土にまき、水をやりました。
菜の花忌のころには、高校に立派な「菜の花畑」ができることでしょう。

2017年10月22日

すくすくと育っています

10月半ばは長雨が続きましたが、記念館の庭では苗がすくすくと育っています。
いまは園芸活動ボランティアの皆さんが、芽が出たばかりの苗を大きく育てるため、プランターへの植替え作業を進めています。


2017年10月8日

もう芽が出ました

10月3日にボランティアの皆さんが集まって蒔いた種が、もう芽を出しました。
蒔いた直後は、気温が上がったり下がったりの毎日。いつ出るかなあと、見守っていましたが、意外に早く顔を出してくれたので一安心です。

2017年9月20日

菜の花の種を配布

「菜の花会議」第2回目の会合を開きました。この日は皆さんに菜の花の種をお配りする大切な日。「春一番に菜の花忌の会」へ種袋の贈呈式も行いました。
 今年から「種袋」のデザインを一新。新たな気持ちで皆さんが種をまき、すくすくと育つことを願っています。



種袋のデザインをリニューアル
(デザイン作成・司馬遼太郎記念館、袋、種提供・東大阪市を緑にする市民の会)
2017年7月12日

今年の菜の花運動が始まりました

 来年の菜の花忌にむけて、いよいよ菜の花運動が始まりました。
 学校や自治会などの皆さんが集まり、公民館で1回目の会議。
 「昨年よりもたくさん栽培するつもりです」「今年は虫に食べられないように頑張ります」などなど
それぞれが菜の花忌にむけて意気込みを発表しました。