司馬遼太郎記念館

会誌「遼」

カテゴリリスト

開館カレンダー

休館日

開館時間:10:00~17:00
(入館受付は16:30まで)

休館日:毎週月曜(祝日の場合は開館し翌日休館)、9/1~9/10、12/28~1/4

TEL:06-6726-3860

FAX:06-6726-3856

入館料:大人500円、高・中学生300円、小学生200円(20名以上の団体は入館料が2割引)

大書架から

 記念館館長の巻頭エッセイ。司馬遼太郎の思い出から企画展の準備、蔵書調査、大掃除、記念館でおきた出来事、あるいは身辺雑記、記念館のやるべきこと、想うことなどを綴ります。

内容 掲載号
山荘で友の会の皆さんと/上村洋行 第63号
新春の白いステンドグラス/上村洋行 第62号
モンゴル・南ゴビで想う/上村洋行 第61号
上田正昭先生を偲ぶ/上村洋行 第60号
「小説の定年」について/上村洋行 第59号
小さな机と初期作品/上村洋行 第58号
電子書籍のタイトルが増えて/上村洋行 第57号
「俳句と言葉」の連想/上村洋行 第56号
陳先生との裕福な時間/上村洋行 第55号
春の風にのって/上村洋行 第54号
『街道をゆく 愛蘭土紀行』 第53号
研修会『燃えよ剣』を語り合う/上村洋行 第52号
砂鉄のみちへ/上村洋行 第51号
会津若松 磐梯山の石でできた文学碑/上村洋行 第50号
追悼 森浩一先生/上村洋行 第49号
司馬遼太郎とモンゴル/上村洋行 第48号
写真展からわが街の未来を/上村洋行 第47号
二つのジャーナリストの磁場/上村洋行 第46号
「四平街」一瞬の幻想のなかで/上村洋行 第45号
鈴懸けの若木からの連想/上村洋行 第44号
公益財団法人への道/上村洋行 第43号
記念館の10年と電子書籍/上村洋行 第42号
浸水被害にあった山荘で/上村洋行 第41号
“兼定”を抜いてみれば/上村洋行 第40号
せめてもの気持ち/上村洋行 第39号
冬のオランダで受けた印象/上村洋行 第38号
有名無名の日本人を実感していただくために/上村洋行 第37号
井上ひさし先生の笑顔/上村洋行 第36号
百余年前の映像がもたらす“平和の力”/上村洋行 第35号
記念館の庭がひろがる話/上村洋行 第34号
ポーツマスの町を訪ねて/上村洋行 第33号
夏の日差しの文学碑/上村洋行 第32号
『坂の上の雲』を書斎から見れば/上村洋行 第31号
英訳で司馬作品を世界に―/上村洋行 第30号
蔵書で考えること/上村洋行 第29号
高野山・奥の院入り口に文学碑/上村洋行 第28号
『坂の上の雲』の映像化/上村洋行 第27号
最初の司馬作品をいつ読んだか/上村洋行 第26号
中学時代の作文が見つかって/上村洋行 第25号
植田新也さんのこと/上村洋行 第24号
松山市の「構想」に望む/上村洋行 第23号
またまた『二十一世紀に生きる君たちへ』/上村洋行 第22号
若い来館者がふえてきたのか/上村洋行 第21号
映画は「ぜいたく芸術」/上村洋行 第20号
花供養碑の新しい表情/上村洋行 第19号
没後十年の事業は消えたが・・・・・・/上村洋行 第18号
地図の中に戦国時代の作品を/上村洋行 第17号
辞書、辞典、事典、字典のたぐいは何冊?/上村洋行 第16号
『三浦半島記』のイメージは/上村洋行 第15号
司馬作品は何冊出版されたか?/上村洋行 第14号
“里帰り”した色紙の衝立/上村洋行 第12号
「二十一世紀に生きる君たちへ」/上村洋行 第11号
追悼 青木彰・司馬遼太郎記念館財団常務理事/上村洋行 第10号
大掃除はリフトに乗って/上村洋行 第9号
竜馬さんと蔵書/上村洋行 第8号
次世代へのメッセージ/上村洋行 第7号
カフェでコーヒーを/上村洋行 第6号
文化を支える新しい風/上村洋行 第5号
対話のかたち/上村洋行 第4号
開館まで/上村洋行 第2号